メディカルアロマのスクールの選び方

メディカルアロマセラピーとはエッセンシャルオイルと呼ばれる精油を治療や健康管理を目的として使用する療法です。日本ではアロマセラピーとは精神的なリラックス効果を生み出すものとして認識されていますが、フランスやベルギーでは医療的な効果を期待してアロマを使用するケースも珍しくありません。日本人が体調の悪い時に薬を飲むのと同じように、アロマの力を使って体調改善を試みることがあります。
日本でも徐々にメディカルアロマへの注目が集まっています。アロマを扱うには一定の知識が必要となります。そこで利用する方が増えているのがアロマに関するスクールです。将来的にアロマを使った職業に就く方はもちろん、趣味などで行う方も通っています。スクールはどこも同じではないので選び方が大切です。

どんな資格が取れるかを細かくチェック

メディカルアロマのスクールを選ぶにあたってまずチェックしておく必要があるのは取れる資格の内容です。アロマに関する資格は様々な協会が主宰していて、その内容やグレードに違いがあります。日本にある大きなアロマ協会としては日本アロマ環境協会(AEAJ)、アロマコーディネーター協会(JAA)、ナードアロマテラピー協会(NARD)などがあります。
これらが主催している資格は認知されている可能性が高く、取得しておくメリットが大きいと言えます。特別に取りたい資格があるという場合は該当する資格をしっかりと取得できるかチェックしておきましょう。どの資格がいいか分からないという方はホームページなどで詳しく確認しておいて、自分に合うものを見つけておく必要があります。

やはり講師の質が大切と言えます。

アロマに関することは基本的に資格に裏付けられますが、それでも実際の技術や知識が伴わなければ、仕事に活かすことはできません。そのため、丁寧な指導を受けてしっかりと学べるかどうかが大切になっています。そこで注目したいのが所属している講師の質です。アロマは奥が深く、幅広い知識が必要となります。
しかし、講師の質はその学校のホームページなどでは確認することができません。そこで口コミなども見ておく必要があります。また、就職に強いかどうかも大きなポイントになります。腕の良いセラピストが必ずしも順調に就職できるとは限りません。学校側が就職先と一定のパイプを有しているかどうかも重要な問題と言えます。就職を目的とせずにアロマを学ぶ場合はこの点は考慮する必要がありません。

実際に学校を卒業された方の中には、現在オーナーをしている方もいらっしゃいます。 JEA認定アロマクラフト講師育成コース。 また、コースによって実際の現場での実践学習もあり、一人一人の自信に繋がります。 テラピストとして、治療に必要な有効成分などの知識も深まります。 また、プライベートや普段でも健康管理のために資格を生かせます。 メディカルアロマセラピストになるなら学校に通いましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

メディカルアロマのカルチャーコースの選び方

アロマと聞くとリラクゼーションに用いられるものというイメージが強いかもしれません。確かに精神的なリラックス効果はアロマの1つの効能ではありますが、実は他にも様々な効果を生み出してくれます。海外では医療...

知識を深めましょうメディカルアロマを体験

メディカルアロマを体験する事は新しい医療の可能性を経験することになると言っても過言ではありません。その理由はアロマという既に多く利用され安全性が高く評価されているものを、医薬品として利用するという発想...